親子そろって成長できた中学受験

息子が小学校4年生になった時に、仲の良かったお友達が中学受験をするために塾に行き始めました。最初は息子は公立でいいと言っていたのですが、次第に自分も塾に行きたい受験してみたいと言い始めました。
塾は費用も高いので、最初は悩みましたが、やるからには絶対あきらめないということを約束して、息子も5年生になってから塾に通い中学受験の対策を始めました。志望校が決まってからは、先生のご指導のもと一生懸命勉強しました。
息子は国語が苦手でなかなか点数も上がらなかったのですが、先生は休日返上してまで補習授業をしてくださいました。
中学受験は予想していた以上に大変でした。子供も休日は模擬試験、長い休暇は合宿、正月も返上で特訓などとほとんど休みなく勉強、親も送り迎えや、夜のお弁当を作って塾に届けたり、成績が思うように伸びないときの精神的なフォローなどと、とても大変でした。経済的にもそこまで余裕がなかったのでこちらも大変でした。しかし頑張る息子の姿を見て親の自分が負けてはだめだと何度も励まされました。
無事志望校に合格した時に息子が「お母さんありがとう」と言ってくれたのです。思わず涙がでてしまいました。息子と一緒に頑張った中学受験は本当に親子そろってとても成長でき、充実した期間だと思っています。