中学受験を親子で乗り切ろう

国立の中学受験を息子にさせました。
周りの中学受験をする子は、小学校中学年ぐらいから集団の塾に通っていましたが、6年生の夏前に急に中学受験をしたいと息子が言い出し為、すでに塾通いをしている子の親御さんのお話などを聞いて、まずは無料の模試を受け、夏休みから入塾しました。
それから何度か模試を受けてもそんなに成績が上がる感じではなく、しかし、本人の意志は強かったので、親もがんばろうと思い、まずは塾のテキストがすべて解けるようになるまで家庭でじっくり教え込み、間違える所・わからない所を徹底的に何度も解かせました。こればっかりは集団の塾に通うだけではできることではないので、自宅での復習をすることをおすすめします。受験したい中学校対策のコースがある塾に行くことで、試験内容にあわせたテキストを手に入れられるので、その事が一番のメリットだったと思っています。
ただ塾に入れているというだけで安心してはいけないと思いました。面談をしてくれる塾も多いですので、自分の子供が今どのような状態かを親も把握して、まだ小学生なわけですから関心を持ってあげることが大事だったように思います。子供の合格のためにも、決して安くないお金を無駄にしないためにも親も努力しました。